ネットで接客

RENEWAL > ネットで接客

ヤマダヤのミッション

高品質で価値のある商品を創り、素晴らしいサービスを提供してお客様に喜んでもらい、社会に貢献する。
そして働く仲間を幸せにする。

素晴らしいサービスを提供する。

現状、アパレル小売りにおいて店舗とECの大きな壁として「高い知見を持った販売員の接客」と「試着」が挙げられています。

例えば店舗であれば、お客様の体型や持っている服を聞いたうえで最適な提案をすること、また、顧客も提案を試す(試着)して購入の判断ができます。
一方、ECサイトであれば、自分の家のクローゼットを見ながら自分で着合わせを考えたり、スタイルの良いモデルさんが着ている画像から自分が着ている姿を想像しなければなりません。

店舗に販売員がいるのが当たり前のように、オンラインストアにネット販売員は確実に必要になる。

チャットを例にすると、チャットのスタッフは、ヤマダヤオンラインストアのファッションアドバイザー(以下FAとする。)です。
ヤマダヤオンラインストアには、ヴィオレ、ルージュ、小物の商品が展開されています。
つまり、ヤマダヤオンラインストアは大型複合店舗です。

アフターコロナ

オンライン上でコミュニケーションをとることができ、接触している顧客をもてなす事。
顧客のタッチポイント毎に一気通貫して管理することで、オフライン以上のおもてなしを実現できる。

 


 チャットサービス

・ヤマダヤオンラインストア上で、チャット会話で接客をして服・小物を販売する。
・本来1対N人に対応できる手段だが、ヤマダヤはより上質な接客体験を追求する。
・本社にて集中管理することによって、品質向上安定化をはかる。
・本社倉庫在庫を利用することで、明快で確実な対応が可能。
・フォトショップで画像を加工しての提案は他社にない。
・VOC活動…チャットでは文字でお客様の声が蓄積される。特に商品に関する良質な意見が集中すると予想される。
・スタッフの顔が見えるチャット …CSでSNSを開設して、お客様と交流する。
・稼働時間… 店舗と同じ年中無休10:00~22:00を目指し、ヤマダヤのイベントの際は店舗と同様に繁忙期となる。
・オンラインストアでのファッションアドバイザー、スーパーファッションアドバイザーを目指す。

詳細はこちらから

 


 ライブコマース

・店舗スタッフによるTVショッピング的な商法
・1対N人の接客
・ライブ配信中に決済まで出来る機能がついて、
・ライバーという職種が中国では人気

詳細はこちらから

 


そして働く仲間を幸せにする。

働き方改革
在宅、ベテラン
女性の活躍の場
販売員の多様性